コロナ関連の専門家

 

昨日の記事で、山中伸弥教授のブログをご紹介しましたが、山中教授も感染症は専門外ですし、他の専門家の先生のご意見も見てみようということで、いろいろTwitterで探していました。

 

それで、見つかったのが以下の先生方です。

 

もちろん、コロナは今まで誰も経験の無いことですので、いろんなご意見があります。複数の先生方のご意見を参考にしながら、共通する情報を見つけ出すのがいいのかなと、個人的には思っています。

 

 

①神戸大学大学院保健学研究科の中澤港教授のブログ。コロナに関する論文を日々大量に読んでいらっしゃるので、情報が早いです。内容が専門的でちんぷんかんぷんなのも多いですが、その中でも現状が何となく理解出来たりします。

 

ナショナルジオグラフィックに先生の連載記事があり、こちらは分かりやすいです。

 

②京都大学ウィルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授が教えてくださるウィルス対策の記事。宮沢先生は、時々過激なお言葉が物議を醸しているようですが、かなり確信をついていらっしゃるのではないかと思います。何といっても、20年以上もいろんなウィルスについて研究されているそうなので信頼度は高いです。ちなみに、私は動画で先生の講座を見て、ウィルスと細菌の違いを理解しましたヽ(^o^)丿

 

③上のお二人は研究者なので、医療現場での状況がどんな感じなのかを知りたい時はやはり感染症のお医者さんの見解が必要かと。その中で見つけた感染症医の忽那賢志先生の記事。Yahooに記事を書いていらっしゃいます。

 

 

もちろん、他にも信頼できる先生方がたくさん発信していらっしゃると思いますので、また追記していきますね!

 

正しい知識を身に付けて不必要に怖がることなく、でも油断することなく、みんなで楽しく生きる術を模索していければいいですね~(^^)