やわらかい心を大切に

 

今年も早いもので、残すところあと3か月余り。

 

本当にいろんなことがありましたね。

 

 

私個人としては、新型コロナウィルス自体も、もちろん大きなインパクトがありましたが、何より”分断”が気になった日々でもありました。

 

今までも、きっとそこにあったと思われる、政治的な右派と左派の分断。アメリカの白人と非白人との間の深刻な亀裂。PCR検査の推進派と抑制派、そして経済を回すべき派と自粛を続けるべき派の対立。

 

きっと誰の中にもある、自分と思想信条が異なる誰かを非難したい、自分の正当性を声高に主張したい、相手に自分の正しさを認めさせたい、そんな気持ちが、未知なるウィルスに対する不安な状況であぶり出されたのかなあ。。。と思います。

 

もちろん、私にも相手を批判したくなる気持ちはあります。大坂なおみ選手に対するひどい誹謗中傷を見かけた時は、ものすごくむかついたし、コロナ感染者が後遺症の辛さを切々とTwitterで訴えたらものすごい攻撃を受けたと知って、腹立たしさと同時に何でこんな国になってしまったんだろうと悲しくなったりしました。

 

 

そんな時に思い出すのが、ダライ・ラマ法王の「すべての生き物は苦しみを望まず幸せになりたいと願っている点においては同じ」とのお言葉。

 

私たちは、どんなに主義主張や宗教が異なっていても、その共通点を軸に対話ができるということですね。

 

 

尊敬するプロセス志向心理学の創始者、アーノルド・ミンデル博士は「相手のエネルギーを感じることが本当の共感」とおっしゃいます。自分が嫌だなあ…と思うような相手でも、そのエネルギーを感じてみる、実際にその人のエネルギーをやってみる(具体的には身振り手振りや話し方を自分で表現してみる)と、何かしら自分にも似たようなエネルギーがあるのが分かる。それが怒りだったり悲しみだったり、はたまた力強さだったり。

 

自分にも相手と共通する部分があるのが分かったら、更に一歩進んで「それが根っこにあったら、そんな行動に出るのも分かるわ~」になったら、無条件で相手を批判したくはならないはずなんです。(私は、ある政治家が大嫌いでしたが、その政治家のエネルギーを実際に表現してみるワークで、自分にもその嫌な上から目線があることに気づきました(;^_^)

 

 

そして、その鍵となるのが”やわらかい心”だと思うんです。

 

 

「私の方が正しい」と理論武装して、ガチガチに防衛してやりあうのが”硬い心”だとしたら、その反対が”やわらかい心”。

 

硬い心の状態になっている時は、身体もガチガチに固まっているはずなので、すぐに気づきます。

 

その時は、ちょっと意識して深呼吸して背中をゆるめてみるのはいかがでしょうか。

 

もしかすると、相手や状況を見る視点が、少し変わってくるかもしれません。

 

 

 

今の状況を、三次元レベルの地球から離れて、高い次元から見てみると、きっと人間が進化する為に起きている一過性の出来事なんだろうな・・・