”今、ここにいる”ことの大切さ

 

今でこそ、何が起こっても大抵は精神的に安定している私ですが、それでも、過去生で痛い目に遭った体験を思い出したり(魔女狩りとかですね)、無意識の感情反応として言わなくていい事を言ってしまって落ち込むこととか、普通にあります(^^;)

 

そんな時に、つくづく大切だなあ…と思うのが、”今、ここにいる”こと。

 

 

”今、ここにいる”ことを意識すると、いくら過去生の体験がリアルに感じられたとしても、前日に人間関係の問題が現実として起こったとしても、”今、ここ”、つまり”今、この瞬間”には存在しないことが分かります。

 

”今、この瞬間”には、今この瞬間に自分が目にしている風景、聞こえている音、身体で感じている感覚しか存在しない。過去の出来事は頭の中の記憶でしかなくて、”今この瞬間”を意識してみると、ここには存在しないんですね。

 

”今、この瞬間”というのは、1分前でも1秒前でもなくて、はっきり”今、この瞬間”と分かる瞬間。意識が思考に巻き込まれていなくて、クリアに”今、ここ”と意識できる瞬間です。

 

さっきまで夢を見ていたような感覚から、すっきり目が覚めたような感覚への移り変わり。

 

 

それがはっきり意識できると、さっきまで波が揺れるようにざわざわとして落ち着きがなかった心が、どんどん収まってくるのが分かります。

 

 

おそらく、こうした瞬間、瞬間の気づきを絶え間なく続けていくことが、非二元(ワンネス)への完全な目覚めに繋がるんでしょうけれど、私は、まだまだ修行が必要なようです(^^;)

 

 

ともあれ、瞑想をする時間がなくても、この”今、この瞬間”に気づくことは普段の生活の中で出来ることなので、おすすめですよ。ぜひ、お試しを(*^^*)