感情は怖くない

 

エネルギーボディワークエネルギーヒーリングのセッションなどで人の身体に触れさせて頂いていると、「これは感情の問題だなあ…」と感じることがよくあります。それがたとえ身体症状だったとしても。

 

例えば、その方に全く自覚症状がなくても「ここに何かあるな」と肝臓に注意を引かれて触ってみると、肝臓の硬い感じや凝縮して引っ張られるような動きを感じることが多く、そしてその手触りや動きを更にじっくり感じていくと、感情の毒素が溜まっているように感じることがあります。もちろん、肝臓の全部がそんなケースばかりではなくて、単にアルコールや薬の影響の場合もありますし、他の臓器、たとえば胃や腎臓などでいろんな感情の蓄積を感じたりすることもあります。

 

チャクラではより顕著に表れることが多く、チャクラに触れるとインナーチャイルド(その方の中にいる、内なる子ども)が泣いているイメージや、ちょっとハードな過去生のイメージが出てくることもあります。

 

私は、よほどネガティブなこと(暴力的なことなど)ではない限り、施術中に感じ取ったことは全てお伝えすることにしているのですが、感情に関してのことは大抵皆さん納得されるようです。薄っすらとでも、何かあるんだなと感じていらっしゃるんでしょうね。

 

そして、セッションからお帰りになった後に、いろんな感情が浮上してくる場合もあるようです。今まで感情を抑え気味に生きていらっしゃった方ほど大きな感情の揺れに悩まれるようで、メールでご相談を頂くこともあります。ご本人は「めっちゃ怒りの感情が出てきました!どうしましょう(;゚Д゚)」などと、びっくりされることもあるのですが、私はその状況と同時にその方の光を感じているので、きっと無事に乗り越えられるだろうな…と思いながら、お返事を書いたりしています。

 

 

私たちは、普通に会社勤めをしていたり家事や育児で忙しかったりすると、感情の声をいちいち聞いていられないので、ついつい感情を後回しにする癖がついています。「今日は、会社に行きたくない~」って思っても、仕事だから行かない訳にはいかないし、「あの人苦手だな~」と感じたとしても、同僚だと上手く付き合っていかないといけない。

 

そうして、自分の感情を抑えているうちに、感情との繋がりがだんだん薄れていってしまうんですね。

 

昔の私がそうでした。

 

30代前半ぐらいまでは、自分ではコントロール出来ないほどの激しい感情の波に振り回されていて、それでへとへとに疲れ果てていたんです。人間関係でも、すぐにカチンと来てしまうところがあったので、人に怒りをぶつけてしまわないように抑えて、抑えて…としていました。

 

でも、今ならすごくよく分かるのですが、感情は抑え込んだと思ってても、本当には無くならないんですね(^^;)

むしろ、抑え込めば抑え込むほど、ぐぐぐーーっと、潜在意識の奥の方にしまい込まれてしまって、何かの拍子にボンっと出てきてしまったりします。

 

私の場合は、何かのスイッチが入った拍子に激しい怒りがこみあげてきてしまって、物を壊したくなるような衝動を必死で抑えるのに苦労したりしていました(^^;)

 

その後、そこまでの激しい怒りがあるのは、家族関係や学校生活の中で怒りを溜め込んできてしまったのが原因なんだとカウンセリングや心理学のワークショップなどで分かって、徐々に徐々に対処していったんです。

 

それこそ最初の頃は、カウンセリングで家族の話をしたり、心理のワークショップで子どもの頃の傷ついた記憶に触れるようなことがあると、それまで溜め込まれてきた激しい怒りや悲しみが浮上してきて、ものすごくしんどかったのですが、一つ一つ解放していくごとに、どんどん楽になっていきました。

 

そして、いまやほとんど感情が反応することは無くなりました。こんなに日々が平和で穏やかな気持ちで暮らせるなんて、20代の私には想像もつかなかったですねヽ(^o^)丿

 

なので、クライアント様の感情が浮上してきて、今ちょっとしんどい状況にいらっしゃったとしても、落ち着いて見ていられるんですね。今出ている涙も出し尽くしてしまえば、後は必ず楽になられるなって。

 

感情は水のエネルギーなので、川のように流れているのが健全な状態なんです。ですので、どんなに激しい怒りを覚えたとしても一過性ですし、それを解放してしまえれば、エネルギーは必ず変化しておさまっていくんですね。

 

ここで一つ重要なポイントなのは、感情を解放するときに誰かにぶつける必要はないということ。自分の中の怒りの感情を抑え込んでしまう背景には、「誰かにぶつけてしまったら、どうしよう…」という怖れや「怒りはよくないもの」という思い込みがあるんですね。

 

でも、誰かにぶつけなくても解放は出来るんです。例えば、紙をビリビリに破いたり、クッションを叩いたりするのも一つの方法で、これなら誰にも迷惑はかかりません(^^)。また、スポーツで発散する方法もあります。ある国で、確かラグビーだったと思うのですが、貧困にあえぐ地域で子どもたちが非行に走らないようにラグビーを勧めて、そして暴力的な感情をスポーツに昇華させて上手く行っている例があるのだとか。

 

そのどれも合わない、またはそこまで激しい感情はないけれど、何だか腹が立つ…といった場合には、とりあえず自分のその感情を認めてしまうのをおすすめします。「そっかそっか、腹立ってるんやね…」みたいな感じで、もう一人の自分が自分の良いサポーターになってあげる。そうして、出来るだけ怒りの感情そのものを感じ切る。それだけでも、心は落ち着いていくと思います(*^^*)

 

逆に、あまりおすすめしないのは、「この怒りは、子どもの頃にお母さんに叩かれたからよね」と言う風に、感情を感じ切る前に思考でその感情を分析してしまうこと。思考で原因を探し出しておさまりをつけると、何だか解決したかのように思ってしまいますが、実際には感情はエネルギーなので、そのエネルギーはずっと残ったままになってしまいます。

 

ですので、私のセッションを受けてくださった方、または日々の生活の中で怒りや悲しみなどネガティブな感情が浮上してきた方は、その時はしんどいと思いますが、今まで抑え込んでしまっていた感情がようやく浮上してこれたのは、とても良いプロセスですので、どうぞしっかりその感情を受け止めてあげてください。そうして、感情の解放が進んでいくと、コントロールしようと思わなくても感情の波が穏やかになり、どんどん自分の感情とも仲良くなっていきます。その先には、自分のことがもっと良くわかるようになって、どんどん生きるのが楽になり、人生が上向いていく…それは、私自身の人生が証明出来ていると思います(*^^*)

 

 

それでも、ちょっと感情のプロセスがしんどい…という方は、ぜひ対面遠隔のヒーリングセッションにお越しください。

 

このブログを読んでくださっている皆さまが、感情への気づきを通して”自分は何者か”を知る、楽しい魂の旅路を進んで行かれますように…