· 

身体は魂を表現するツールだから…

 

オリンピック選手を見ていると、あまりの身体能力の高さに感動するとともに、身体を通した魂のすごい表現なんだなあ。。。と、つくづく感動します(*^^*)

 

身体って、魂の乗り物なので、実はスピリチュアルな意味でもすごく重要なんですね。

 

でも、私がそのことを本当の意味で理解できたのは、スピリチュアルな探求に入ったずっと後のことなんです。

 

 

 

私がスピリチュアルの道に足を踏み入れたのが、15年以上前のこと。その頃は、全く地に足が着いていませんでした(^^;) 

 

ジェットコースターのように上がったり下がったりする感情に振り回されていて、その激しい感情を抑えるために思考をかなり使っていて、あまり身体を感じていなかったんです。

 

そして、人間関係はあまり上手くいかないし、仕事も転々としていて何をしていいのか分からないし、とにかく生きるのがしんどくて。。。そこから「私って、何なんだろう?」と、自分をしっかり見つめざるを得ない状況に追い込まれ、スピリチュアルな探求へと入っていったのでした。

 

 

スピリチュアルに興味を持つ人には、私のような生きづらさを感じている方も多いのではないでしょうか?

 

現実の、目に見えている世界ではハッピーと思えない何かがあるからこそ、違う世界に救いを求めるというか…もちろん、生まれついての能力で天使や霊が視えたり、オーラが視えたりする人もいるので、一概には言えないのでしょうけれど。

 

 

ただ、輪廻転生などのスピリチュアルな知識をいろいろ身に付けたり、守護ガイドのリーディングを受けたり、インナーチャイルドのヒプノセラピーを受けて「私は自分の親を選んで生まれてきたんだ」と思えたりしても、それで決定的に生きるのが楽になった、というのは無かったんです。

 

もちろん、そうした体験が積み重なっていくことで、自分のいろんな側面が分かって、少しずつ楽にはなっていきましたが、

 

それよりも、やはり私たちは肉体を持って生きているので、身体の中にちゃんといながら安心感を得る、というのが一番重要だったような気がします、今振り返ってみると。

 

それには時間はかかりましたが、自分の身体を大切に扱い、慈しんでいく体験の積み重ねだったかなあ。。。と思います(^^)

 

 

 

それに加えて、”身体の中の安心感”というのがどこから来るのかと言うと、この地球に生きることは他人と関わりながら生きることとイコールなので、人間関係の中で安心感を得る、というのが重要なんですね。

 

なので、カウンセリングやセラピーやヒーリングを受けたり、スピリチュアルなワークショップに行ったりして、安心・安全を感じるような人間関係の中で素の自分で受け入れてもらうという体験の積み重ねも大事なステップでした。

 

それは1回のカウンセリングやヒーリングセッション、1日だけのワークショップ参加では到底無理で年単位の積み重ねでしたが、その一つ一つが着実に自分の中に安心感を育ててくれて、地球へのグラウンディングを助けてくれました。

 

 

人間は多面体なので、肉体の存在だけではなくて、肉体と感情だけの存在でもなくて、魂でもあります。そして、肉体と感情と魂の全部が切っても切り離せないし、全部が大切なんですね(*^^*)

 

 

この記事を読んでくださっている方の中に、あまり身体が感じられない、身体の中で安心感がない、という方は、とりあえず身体を大切に扱うことから初めて頂くと良いのかも。お風呂で丁寧に身体を洗ってあげるとか、美味しいものを食べる経験をするとか、心地よく感じる自然の場所に行ってみるとか。

 

 

身体を使って味わう経験は、地球に生まれてきたからこそ出来ること。

 

生きている間は存分に身体を使って、鳥の声を聴いて朝日を浴びて、人と触れ合い、素敵な音楽を聴いて、映画や舞台を見て、美味しいものを食べて、夕日に感動して。。。そして、この大切な身体を通じて魂としての表現をしていく。。。どんな小さなことであっても、平凡なことに見えても、その人なりのやり方、生き方。それが魂の表現だと思うのです(*^^*)